採用情報

トップ > 採用情報 > 店長・スタッフインタビュー

店長・スタッフインタビュー

  • 四家 匠

  • 姥山 和明

  • 下地 大貴

  • 木下りか

  • 青木秀一

任せてもらえる楽しさがあります

東京ミート酒場 特攻隊長

姥山 和明

2010年

1. 仕事の内容を教えてください。
仕事内容は、東京ミート酒場の特攻隊長です(笑)
いわゆる業態の統括店長で、新しい店舗ができる時は必ずオープニングスタッフとして参加し、店長と力を合わせてお店の土台を作っていきます。
もちろん既存店の管理も行います。定期的に各店を見て回り、掃除をきちんと行っているか、料理は安定してるか、接客の質は落ちていないかなどを、スタッフと一緒に働きながら確認します。
お店が増えるごとに仕事が増えるし、責任も大きく大変ですが、業態を任されているという実感がありとても楽しい仕事です。
2. イタリアンイノベーションクッチーナを選んだ経緯を教えて下さい。
元々は専門学校を出たあと、ホテルのレストランのキッチンで働いていました。
仕事内容は1日中ひたすら野菜を切ったり皿洗いをしたり・・・。
辛かったですが、有名なホテルだったし、入りたての仕事はこういうものだと思って納得していました。
でもある時、専門学校時代の友人が、職場ですでに料理を教えてもらっているということを知ったんです。気になってその職場に連れて行ってもらうと、1,2年目の入ったばかりのスタッフが先輩に教わりながら、責任のある仕事をしていました。
もちろん先輩も無責任に仕事を投げているわけではなく、丁寧に根気よく教えているという印象で、今までの飲食店のイメージが覆された気がしました。
その後社長の四家さんと面談し、知識や責任を出し惜しみせずに、とにかくやらせてみるという姿勢に感銘を受け、入社を決めました。
3. 今まで感じた、仕事の厳しさ、楽しさを教えて下さい。
自分たちの仕事は、お客様があってこそ成り立つものです。
新人でもベテランでも、お客様から見たら一スタッフなので、料理、接客、クリンネス等のクオリティを保たなくてはいけません。
後輩だから仕方ない、まだ教えてないから仕方ない、などの言い訳が効かないのが、この仕事の厳しいところだと思います。
楽しいところは沢山あります。まずは、お客様が自分たちのサービスで喜んでくれたときです。笑顔で「ありがとう」と言われると、本当にやっててよかったと思います。
あとは、他のスタッフや上司に認められたときです。先輩に褒められたときや、後輩に頼ってもらって「助かりました」「分かりやすかったです」と言われたときなどは、思わずにやけてしまいますね(笑)
新しい仕事を覚えるのもとても楽しいです。今まで知らなかった知識や、できなかった作業ができるようになると、自分がレベルアップしているという実感が湧きます。
4. ノートに描いた夢・目標を教えて下さい。
当面の目標は、3年後にこの会社のSV(スーパーバイザー)になって東京ミート酒場の店舗を増やし、料理と接客でより多くの人を幸せにしていくことです!
そのためには店長の仕事だけではなく、マネージャーとしての知識も増やす必要があります。
今はまだ上司に教わりながらで、分からないことも多いですが、必ず大きな実績を残して、姥山に任せて良かったと言ってもらえるようになります。
5. 就職、転職活動の方へのメッセージをお願いします。
社内で「東京ミート酒場の統括店長をやる人を募集する」という話を聞いたとき、真っ先に立候補しました。
その時僕はまだ店長経験が1年程度だったので、まだ早いと言われるかもしれないと思いましたが、社長は「よし、やってみろ!」と笑顔で言ってくれました。
この会社は、常に成長しています。僕が入社したときは全部で5店舗、業態は1つでしたが、現在は直営14店舗、業態は4つあります。
スタッフ1人1人の頑張り次第で、会社は大きく変化しますし、やる気次第でいくらでもキャリアアップできます。
僕たちと協力して会社を盛り上げていきませんか?
是非一緒に働きましょう、お待ちしてます!
  • 四家 匠

  • 姥山 和明

  • 下地 大貴

  • 木下りか

  • 青木秀一